忍者ブログ
英語は義務教育・高校・大学・大学院と習ってきたはずなのですが、未だに使いこなせず。読み書きはrealtimeでないので、辞書を引き引きなんとかできますが、会話が苦手です。特に、聞き取りは、場合によってはほとんど聞き取れないこともあります。日々勉強中です。そんな私の英語学習の備忘録です。主に、基本英文法、ビジネスレターの英語表現や慣用句、英単語のニュアンス、単語の日英差、スラングなどを紹介しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


前置詞は、比較的語数は限られているのですが、個々の前置詞は多様な意味を持ち、時には他の前置詞と類似した意味合いを持つことがあります。このような場合、最適な前置詞を選ぶのはとても困難です。

具体例で見てみましょう。

・This equipment can operate at/under a high pressure.
→この装置は高圧下で動作可能である。状況を表すat/underを使います。どちらが最適かは状況によると思います。個人的な感覚ですが、atはその装置を動作させるのに高圧環境が必要なイメージ、underを使うと、高圧という過酷な環境にも関わらず動作可能、のような印象を受けます。

・This equipment operates by electricity.
→この装置は電気で動作する。動作の作用源をあらわすbyが使われています。なお、以前述べたように電気は実体がなく数えられないため、無冠詞単数形で用います。

・This equipment is operated by a skilled person.
→この装置は専門家が操作する。上記のbyと異なり、動作の主体を表す受身のbyです。

・This equipment operates with a patented method.
→この装置は特許取得済みの方法で動作する。withは、方式や仕組みの根拠を表す前置詞です。根拠なので、onでもいいかも知れませんが、手段を表すwithの方が自然に感じます。

かなり微妙で意味がかぶることも多い前置詞を選ぶのは、ネイティブは自然とできますが、われわれ日本人にはそう簡単なことでありません。しかも、はっきりと説明をつけることも難しい場合があります。要は慣れるしかありません。

---
では、最後にスラングとビジネス用語の紹介を。

(スラング)
・gross:名詞で総量の意味がありますが、形容詞で気持ち悪い、ぞっとするという意味があります。

(ビジネス用語)
・diet:いわゆる節食を意味するダイエットの意味もありますが、国会の意味もあります(この場合、しばしば先頭を大文字で書きDietと記載されます)。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14
«  Back :   HOME   : Next  »
Ads by Google
amazon
安心・低額ブロードバンド
コスモ証券無料口座開設
優良アフィリエイトでお小遣い
アクセストレード
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログランキング
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
(12/23)
プロフィール
HN:
english-rookie
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
語学・旅行
自己紹介:
普通の会社員です。仕事柄、英語を使うことがあります。読み書きはなんとかできますが、会話がちょっと…

英語力向上に向けて頑張っています。


なお、記事の執筆に当たっては、できるだけ辞書を引いたり、ネットで検索したりして正しい情報を提供しようと心がけていますが、いかんせんnativeではないので、正確ではない可能性があります。間違いなどがありましたら、ぜひご指摘ください。
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]