忍者ブログ
英語は義務教育・高校・大学・大学院と習ってきたはずなのですが、未だに使いこなせず。読み書きはrealtimeでないので、辞書を引き引きなんとかできますが、会話が苦手です。特に、聞き取りは、場合によってはほとんど聞き取れないこともあります。日々勉強中です。そんな私の英語学習の備忘録です。主に、基本英文法、ビジネスレターの英語表現や慣用句、英単語のニュアンス、単語の日英差、スラングなどを紹介しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ビジネスレターは基本フォーマルと考えている人もいると思いますが、個人的にはTPOにあわせて少し表現が違ってくる場合が多いように感じます。

フォーマルな文の特徴として、

・受動態が多い
・無生物主語が多い
・独特の表現、文語体の単語が多い

などがあります。個人的には、以下のようにすこしレベルが分かれると思います。

(1)訴状:最もフォーマル。というか、ラテン語由来の単語や、通常別の意味で使う動詞、独特の法律英語を多用しており、読むのは苦労します。作成は、はっきり言って日本人の素人が行うべきではなく、英米法のpracticeに精通した専門家(つまり海外の弁護士)に依頼すべきです。

(2)契約書類:これも大変硬い文章が多いです。助動詞にshallが多く見られたり、terms and conditionsなどと類似の単語を重ね書きする(最近のwritingでは、冗長性を排除して簡潔さを求める傾向にありますが、それに逆行しています)など、普通は使わない文法が多く使われています。何とか読むのも書くのも大丈夫かもしれませんが、作成時は契約担当や法務部などでチェックしてもらったほうが無難です。

(3)faxなどのカバーシート:同様に硬い文ですが、受け取る人のことも考えて(必ずしも先方の責任者が第一受領者とは限らず、事務スタッフが受領することが多い)、あまりかしこばった文ではないです。というか、ほとんど定型文なので、あまり読み書きに困ることはないと思います。

(4)emailなどの本文:これは、相手とのrelationshipで結構変わってきます。ある程度コミュニケーションしたあとなら、ファーストネームで呼び合うのは普通ですし、文法も少し乱れても問題ないです(相手のネイティブが誤文法で送ってくることも多い)。適度なpolitenessと、口語体でしか使わない単語(butを使わず、howeverを使うなど)などに気をつければ、なんなく読み書きできると思います。

---
では、最後にスラングとビジネス用語の紹介を。

(スラング)
・sizzle:じりじりと暑い。もともとは、肉が焼ける音などの「じゅうじゅう」という擬声語ですが、そこから転じて、焼けるほど暑いという意味を持ちます。

(ビジネス用語)
・preferred stock:優先株。企業解散のときに、財産を優先的に受領できる権利を持つ株式のことです。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67
«  Back :   HOME   : Next  »
Ads by Google
amazon
安心・低額ブロードバンド
コスモ証券無料口座開設
優良アフィリエイトでお小遣い
アクセストレード
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログランキング
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
(12/23)
プロフィール
HN:
english-rookie
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
語学・旅行
自己紹介:
普通の会社員です。仕事柄、英語を使うことがあります。読み書きはなんとかできますが、会話がちょっと…

英語力向上に向けて頑張っています。


なお、記事の執筆に当たっては、できるだけ辞書を引いたり、ネットで検索したりして正しい情報を提供しようと心がけていますが、いかんせんnativeではないので、正確ではない可能性があります。間違いなどがありましたら、ぜひご指摘ください。
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]